フェイスリフトで負担最小減|肌を引き上げてたるみを改善

顔のシワを除去する施術

美容整形

複数の箇所に糸を

フェイスリフトとは、皮膚を吊り上げることでシワを伸ばし、顔を若々しく見せるという施術です。吊り上げた上で、余分な皮膚を切り取るという方法でもおこなわれているのですが、昨今では切り取らない方法が注目されるようになっています。皮膚の内部に専用の糸を通して、肌をわずかに吊り上げてシワを伸ばし、糸を結んで固定するのです。この糸を複数の箇所に通すことで、顔から何本ものシワが消えることになります。皮膚を切り取らないということは、傷跡が残らないということです。また出血が少ない分、腫れも少なく、施術後すぐにメイクをすることも可能となっています。こういったメリットから、切り取らないタイプのフェイスリフトの需要は高まると考えられています。

溶ける糸と溶けない糸

切り取らないタイプのフェイスリフトに使われる糸には、大きく分けて2種類のものがあります。皮膚の内部で溶けて体に吸収される糸と、溶けずに体内に残り続ける糸です。前者の場合、溶けることで効果が薄れていきます。しかし皮膚には癖があり、糸によってシワのない状態が癖となれば、糸が溶けても効果は残り続けます。癖がつく前に溶けた場合には、再度施術して糸を入れてもらうことが必要です。溶けない糸の場合は、効果が長続きしますが、だからこそ異物感も続くことになります。しかしその異物感も、慣れによって徐々に消えていくことがほとんどです。そして、その間は過度に刺激を与えないようにすることが大事です。その方が体がスムーズに糸を受け入れるのです。このように、切り取らないフェイスリフトでは複数の糸が使われているので、それぞれの特徴を把握した上で選ぶ必要があります。